あがり症の改善・解消

あがり症は自分の性格だから仕方ないというのは誤解です。

人前に出るとあがるのは、生まれつきの性格だから、仕方がないと諦めている人、
結構多いのです。

 

果たして、そうでしょうか?

 

あがり症卒業なんて夢物語なのでしょうか?

 

 

もしも、仕方がないと諦めておられるなら、あなたは、間違っています。

 

あがり症なんて簡単に克服出来るのですから。

 

 

あがり症から脱出した人たちの行動パターンを見ればわかります。

 

自分があがってしまうその原因を知る。
その原因に対して対策を考え、そして、実際に、克服する行動にとりかかる。
そして、意外に簡単だったと驚く。

 

まあ、ざっとこんな流れです。

 

もう少し具体的に見てみましょう。

 

 

【T】人前に出ると緊張して何が何だかわからなくなってしまうことがよくある。

 

 

一度何が何だかわからないというこういう経験をすると、余裕がなくなってしまい失敗することをおそれるので、

 

コミュニティ参加には尻込みしてしまう。

 

息が苦しくなって、満足な会話が出来なくなってしまう。

 

だんだん、人前では離せなくなってしまいます。

 

ここまで来ると、ちょっと、問題ですね。

 

でも、ノープロブレムですよ。

 

簡単に、この居心地の悪いところから脱出出来ますから。

 

それは、自分のだわりは何かを知れば、いとも簡単に脱出できるのです。

 

つまり、人前に出ると緊張してしまうのはなぜかわかれば、その原因を取り除くと全て
解决出来ます。

 

取り除くって難しそうですが、どんな意固地なこだわりであっても、簡単にクリアできる
ものなのです。

 

あがり症を脱出出来れば、あなたの人生はとても魅力的になると気づいていますよね。

 

独力で、原因解明し、対応策を考えることはさして困難ではありません。

 

チャレンジする価値は十分あると思います。

 

ただ、少し時間がかかるかもしれませんが最速で、原因分析し、対策を知る方法もあります。

 

 

⇒ ⇒ こちらでその方法が学べます。

 

 

 

【U】人と話す時、緊張して何をいってるかわからなくなる時がたまにないですか?

 

ヤフー知恵袋にはこのような質問があると、その回答を閲覧する人多いですね。

 

多いということは、同じ悩みを抱えている人も多いということになります。

 

この悩みに対して、回答者は、ずばり説明していますね。

問題は、なぜその場面で緊張するかです。
おそらく、失敗したくないとか、変に思われたくないとか、
自分を良く思ってもらいたいとか、そういう意識が潜在的に
あるからだと思います。
(知恵袋回答から引用)

 

その通りだ!と思います。

 

つまり、
自分以上に見て欲しい・評価して欲しいと願うから、もし、しくじると大変なことに
なると、自分が自分を追い込んでしまうのでしょうね。

 

ありのままの自分でいればいい、そうなれば、どう評価されてもいいじゃない!って
ことですよね。

 

そう思えばよいのはわかった。

 

で、次にどうするの?聞きたくなりますね。
そういうことを指導してくれる教材があります。
⇒ ⇒ こちらでその方法が学べます。

 

 

【V】あがり症かな?と感じたら、次にどう考えるといいのでしょう。

 

 

@人前での緊張を、自分でコントロール出来れば、解决ですよね。

 

A人前に出る、人前で話すというような場面に出くわさないように、周到に逃げまわる。

 

Bどうしていいのかわからないのに、人前に駆りだされて、人前で生き地獄のような苦痛を
 味わう。

 

どうですか? A番めも、B番目も遠慮したいですね。

 

やっぱり@ですね。
緊張を自分でコントロールできれば最高ですね。

 

人前に出る場数を重ねることが一番のようですけれど、何回場数を踏めばいいの?
いつまで、つづけなきゃならないの?

 

これjは大いに不安になりますね。

 

 

はやく、あがり症から脱出したいなら、この教材で学ぶことも選択肢の一つだと思います。
⇒ ⇒ こちらでその方法が学べます。

サイト概要

あがり症を病気だとか、自分を異常だとか思い悩んでいる人多いです。
また、性格だから仕方ない、生まれつきだから直らないと諦めている
方も多いようです。
また、人とコミュニケーションなどでは頭が真っ白になってしまうことや、
手や足に脂汗をかいたり、心臓がどきどきして、手足が震える経験を
してしまい、ますます、自分に自信がなくなってしまい、人と会話しても、
何を話しているか分からなくなってしまうことも辛い体験となっています。
こんな悩みがあるので、赤面してしまったり、相手の目が見れない
事になるのです。
こうなると、あがり症も、厄介なお荷物となってしまいますので、
なんとか、踏みとどまる方向に自分の態勢を立て直す必要がでて
きます。
このサイトは、あがり症の原因は自分の性格だと誤解している方に
正しい対策方法を検討する目的で作成しています。
お役に立てれば幸いです。